手作り炭酸パックレシピ!簡単レシピでもちもちマシュマロ肌☆

しゅわーっと気持ちいい炭酸パック。お肌もきれいになるんだけど、毎回買うのはちょっと高いですよね。
コスパがいい方法なら、断然手作りがおすすめです。

 

手作りなら好きな香りにできるし、パックしたいときにすぐ作れて新鮮!
お財布にもお肌にも、優しいんですよ☆

 

 

 

手作り炭酸パック、用意する材料はこちら

 

 

手作り炭酸パックの材料は、とってもシンプルです。
一度購入しておくと、かなりの量が作れるので、コスパがいいですよ。
お好みのタイプのパックに合わせて、材料を探してみてくださいね。

 

・シートタイプの炭酸パック

  • 炭酸水(砂糖が入ったものはベタつくので、ミネラルウォータータイプがおすすめ)
  • コットン

 

・ジェルタイプの炭酸パック

  • グリセリン
  • キサンタンガム
  • 重曹
  • 精製水

 

・泡タイプの炭酸パック

  • グリセリン
  • キサンタンガム
  • 重曹
  • クエン酸
  • 精製水

 

 

以上の材料を用意しましょう。
アマゾンや楽天でも売っていますし、ご近所のドラッグストアにもあるかもしれませんよ。
意外と簡単に手に入りますね!

 

さらに、基本の5つの材料に、お好みで美容成分を加えてもいいんです。
市販の炭酸パックなら、しっとりとか美白とか、それぞれ分かれているものですよね。どっちもほしい!って思ったこと、ありませんか?

 

手作り炭酸パックなら、自分の好きなように美容成分を加えられます!

 

おすすめ美容成分は、こちらです。

 

  • セラミド
  • プラセンタ
  • ビタミンC
  • アロマオイル(香りづけにも)
  • ヨーグルト
  • はちみつ

 

 

ヨーグルトとはちみつなら、家にもありそうですね。

 

肌に合うか心配だったり、いきなり材料をそろえるのが不安、なんていう気持ちになることもありますよね。

 

初めての方には、まずはシートタイプの手作り炭酸パックがおすすめです。
炭酸水とコットンだけでできるので、コンビニでも材料がそろえられますよ!

 

 

 

基本の手作り炭酸パック、レシピはこんな感じ

 

ざっくり説明すると、

 

1、材料を用意する
2、順番に混ぜる

 

これで完成です!どうです?かんたんでしょ?
炭酸パックは全部で3種類。ジェルタイプ、シートタイプ、泡タイプと、それぞれ特徴があります。
それぞれの違いについては、下の項目で説明しています。
お好きなタイプをつくってみてくださいね!

 

 

 

炭酸パックを上手に作るために、先にしておきたい下準備

 

 

とっても簡単な手作り炭酸パックですが、上手に作るためには、下準備をしておくのがおすすめです。

 

・材料を計量しておく
・すぐに顔につけられるよう、髪をまとめたり、洗顔できる用意をしておく

 

材料を混ぜるだけ、という簡単なレシピですが、あらかじめ材料を計量しておくと、より手早く準備ができます。

 

材料をすべて混ぜた段階から、炭酸パックがしゅわしゅわしてきます。
発砲時間がもったいないので、すぐに肌につけてパックができるよう、準備しておくとスムーズにできますよ。

 

 

 

手作りする炭酸パックはジェルタイプ?シートタイプ?それとも泡?

 

手作り炭酸パックは、ジェルタイプ、シートタイプ、泡タイプの3種類が作れます。
それぞれの特徴を説明しますね。

 

・ジェルタイプ

 

一番オーソドックスな手作り炭酸パック。
ジェル状なので、お肌にのせやすく、初心者向けです。
美容成分が追加できるので、カスタマイズできて楽しいですよ。

 

・シートタイプ

 

材料が一番少ない手作り炭酸パックが、シートタイプ。
コットンにつけてお肌にのせるだけなので、忙しい人にもおすすめです。
美容成分が追加できないのが、ちょっと残念ですね。

 

・泡タイプ
泡タイプは、ついでに洗顔もできちゃう嬉しい炭酸パック。
テクスチャが柔らかく、お肌から流れやすいので、慣れてきた人におすすめです。
美容成分が追加できるので、パック、洗顔、ケアと同時にできます。時短になりそうですね。

 

 

 

うっとり気持ちいい、炭酸ジェルパックの作り方

 

 

1、グリセリンを10g、容器に入れる

 

もし、美容成分を加えるときは、この段階でグリセリンに混ぜてくださいね。

 

2、キサンタンガムを0.6g、加えて混ぜる

 

3、重曹を8g、加えて混ぜる

 

4、精製水を5ml、加えて混ぜる

 

 

これで、手作り炭酸パックの完成です。

 

お肌にのせて、たっぷり癒されてくださいね!
パックが終わったら、コットンでよくふき取ってから、洗い流すのを忘れないようにしましょう。

 

 

一番かんたん!炭酸シートパックの作り方

 

1、コットンに炭酸水をたっぷり染み込ませる

 

なんと、これだけで完成です!
あとはお肌にのせて、しゅわしゅわの気持ちよさをたっぷり味わってくださいね。
気にならない方は、洗い流さなくても大丈夫ですよ。

 

 

 

しゅわしゅわ長持ち、炭酸泡パックの作り方

 

 

1、グリセリンを10g、容器に入れる

 

もし、美容成分を加えるときは、この段階でグリセリンに混ぜてくださいね。

 

2、キサンタンガムを0.6g、加えて混ぜる

 

3、重曹を8g、加えて混ぜる

 

4、精製水を5ml、加えて混ぜる

 

5、クエン酸を4g、加えて混ぜる

 

これで、手作り炭酸パックの完成です。

 

お肌にのせて、たっぷり癒されてくださいね!
パックが終わったら、コットンでよくふき取ってから、洗い流すのを忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

 

炭酸パック、手作りすると毎日楽しめちゃいますね。
コスパのいい方法で、お肌をもちもちふわふわに変えていきましょう!

炭酸パック人気コラムTOP3

みんなが選んだ炭酸パックランキング
319人の女性にアンケートを取って選んだ炭酸パック商品のランキングになります。 すでに販売中止したものから、今でも人気の炭酸パックまでを紹介しています。 ⇒炭酸パックランキングはこちら

 

炭酸パックの選び方
肌質や炭酸パックの使い方により選ぶ炭酸パックが変わってきます。 毎日使う炭酸パックからイベント前に使いたい炭酸パックまでを紹介しています。 ⇒炭酸パックの選び方はこちらは

 

自宅で炭酸パックを作りたい人必見のページです。 炭酸パックのレシピから作り方をわかりやすくまとめてみました。 ⇒炭酸パックの作り方はこちら